鞍馬寺から貴船神社まであるきました

今回で3回目になりますが、鞍馬寺から貴船神社まで山の中を歩きました。
だーいすきなコースです。

阪神三宮駅でマイさんと待ち合わせ。
三宮から、鞍馬寺までワンデイチケット2200円を利用。
途中下車もできるので、
梅田でやっぱり、いつもの「本みやけ」でステーキ重を食べる012.JPG

今回もおいしかった。本みやけに行ったあとは、近くのかわいい100円のお店二軒にいつも寄ります。
かわいいクッキーの型(陶芸用)をいつも購入。


さー!鞍馬についたよ!天狗さんこんにちは!また来たよっ。
鼻折れかけなんか、眉毛のとこからワイヤーでつるされてるしっ!!
013.JPG

016.JPG



この、星型サークルの中央は、とても有名なパワーポイントなんだって。
三回目なのに、初めてマイさんに教えてもらってびっくり!
「そうだったの??!今まで知らんとスルーしてた私って。。。アホやな。。」
今までの分も宇宙のパワーをかんじるぞ〜!
天に向かって、手をあげる!!手をあげるのマイブーム。感じろっ私っ。

019.JPG

本当に、山と空しか見えない。心が洗われる。

020.JPG

山道を30分くらい歩いたら、貴船に抜けるんだけど、山道途中にある奥の院は
本当に心が静かになれる。
本当に大好き過ぎて、
このままここに溶けてしまいたいわ〜〜。って思う


021.JPG



貴船に到着
和泉式部の歌で有名035.JPG
歩いて疲れた顔を小さく見せる努力!


039.JPG

奥の宮の広場にある、連理の杉。
連理とは、別々の木が重なってひとつになる意で、夫婦男女の仲睦まじいことをいう。
この神木は杉と楓が和合したもので、非常に珍しい。

と、書いてある。

ほぇ〜!
まっすぐ伸びてる杉に、楓が絡まってる感じ。
たぶん杉が男子で、楓が女子やでなっっと、勝手に思う。

040.JPG

帰りマイさんと、梅田でとんかつ食べたいね〜って!言いながら、お腹すきすぎて
出町柳の駅前のカフェで
サバ煮定食を食べて、帰路についた。
あ〜!楽しかった。健康ってありがたい。私の体、ありがとう。

042.JPG

次は、贅沢して、貴船の川床料理食べたいな〜〜ぴかぴか(新しい)





2013年09月16日 posted by aki at 00:19 | 陶芸ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カフェ・cocochiさんに、作品の搬入に行きました

久しぶりに、ココチさんにキリンマグをもって行きました。
今回のマグは、窯の上のほうにつめたので、温度が若干低めの焼き上がりになり、
ふんわりした色にあがったな〜と思っていました。
005.JPG

お店のお嬢さん(フジタさん)がいつも一番に感想をいってくださるのですが、
「わ^^〜!かわいい。なんだか赤ちゃんみたい」

私「なるほどな〜」と思いました。
同じ土、釉薬使って焼いても、焼成温度ひとつで器の印象はぜんぜん違います。
今回の、ふんわり焼けた器の印象を・・・赤ちゃん・・と感じるのは、
やっぱり、女の赤ちゃんを育てたことのある女性の感性ならでわ!と思いました。
人間が得た経験は、本当におくが深く、すばらしく大切。
007.JPG

わたしは、一人で、目から鱗というか、
自分の器を、純粋にわからなくなっていた部分に少し綺麗なお水が流れた感覚になって、
勝手に感謝した。
その気持ちを素直にフジタさんに伝えたくても、なんていえばいいのかわからなかったし、
自分以外の人にとっては、私の気持ちは大げさ過ぎる。。と

この器は、もしもっと高い温度でガンガン焼いてたら、
スカッとした余分なもののない感じになってたと思う。

それはそれでよかったと思う。

今回のような、まだいけるぞって感じ??、赤ちゃんみたいに希望を感じる
柔らかい感じもいいなって思う。

最近、アトリエでこもって陶芸したり、無駄にだらだらしたり・・・・
ろくなものを食べてなかった食いしん坊な私。
久しぶりにココチランチをいただいたら、
おいしいのなんのって!! 
009.JPG
誰かかが、私が食べるってわかって作ってくれたものは、
本当に、気持ちが入ってるからおいしいんや。

何でも、籠めるって大事。
大切なのは、「どれだけ込めたか・・」です。
ってある人の、本に書いてあったけど。。
まさしく、タイカン。

2013年04月28日 posted by aki at 00:41 | 陶芸ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

江井ヶ島酒造の酒かすで作った甘酒 


最近甘酒にはまっている。

004.JPG
酒かす・牛乳・しょうが・砂糖で作る。
牛乳!?
って言われますが、おいしいよ〜。
大好きな和食懐石のお店「三木」さんに久しぶりに行ったら、
八寸の中のお料理に、酒かす牛乳割りが出ました!
酒かすと牛乳の組み合わせは、私オリジナルのつもりだったんだけど、、、
ちゃんとあるのね。

おいしい酒かすを求め、西へ!!西へ!

行ってきました!

江井ヶ島酒造さんへ!002.JPG003.JPG
普通の酒かす420円と、大吟醸の酒かす525円(500グラム)

二月は酒かすの季節らしい。
来年は、大吟醸の酒かすはないんだって。
吟醸のお酒は、なぜ高級か??
お米を磨く事によって、クリアなお酒になるらしい。
吟醸の吟は、磨いてるってことです。

磨く事によって、お米は小さくなる。
簡単に言うと、お米の量がたくさん必要だから。
材料費がかかるってわけね。

大吟醸のお酒は、あんまり熱燗とかせずに、そのままの味をあじわうほうがお勧めなんだって。

江井ヶ島酒造の方が、とっても親切に教えてくださいました。
ありがとうございました。

今回いただいた大吟醸の酒かすは、しょうがとか入れなくても、すごくおいしかったです。
滑らかで、真っ白で!
一杯目は、砂糖とお湯で作ったものを。。
二杯目に牛乳を足して味わう。
三杯目はしょうがを足して味わう。

三杯飲んでもおいしいです。

遠くまで買いに行ったかいがありました。
来年も買いにいこ〜るんるん



2013年03月21日 posted by aki at 23:17 | 陶芸ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする